【ヒゲ脱毛のすすめ】メンズTBCのヒゲ脱毛がモテ始めたきっかけでした!

MENU

【ヒゲ脱毛のおすすめ理由1】肌荒れのリスクを防げるから

ヒゲの処理方法の代表的な例がヒゲ剃りです。あまりにも当たり前すぎて、ほとんどの人が、当然のようにヒゲ剃りで処理しています。しかし、よく考えてみると、ヒゲ剃りにはリスクがあります。

 

ということで、このページでは、ヒゲ剃り(※カミソリ、電気シェーバー)でヒゲを剃ることのリスクについて掘り下げて考えてみたいと思います。


 

 

1.カミソリ負けしてるとスーツを決めても台無し

 

例えば、学校や会社で「今日朝カミソリ負けしちゃってさ〜」と、照れくさそうに言う姿なんかはよく見かけますよね。傷になっていたり、赤いぶつぶつができていたり。

 

学校や会社などの行き慣れているところなら笑って許せますが、冠婚葬祭や、重要な会議がある日の朝にカミソリ負けして赤く腫れていようものなら、せっかくビシッとスーツ姿で決めていても、台無しになってしまいます。

 

2.カミソリは肌の表面を削り取る

 

また、カミソリはきれいに毛を処理できて便利ですが、毛と同時に肌の表面も削り取る方法でもあります。そのため、お肌を傷つけてしまったり、肌荒れや炎症、乾燥などの原因となりかねません。

 

しかも、表面の毛だけ剃り落とすものなので、すぐに毛が生えてきて、また処理をします。この頻度で肌にダメージを与え続けていると、肌のトラブルが起きるのも、うなづけます。

 

3.剃ったときの小さな傷が肌の老化原因に

 

そして最も恐いのが肌の色素沈着です。カミソリ負けとまではいかなくとも、剃ったときに生じた小さな傷に細菌が入り込むことによって、炎症を起こし、赤いぶつぶつができてしまいます。

 

これを繰り返していると、色素沈着の原因になってしまいます。色素沈着になってしまうと、回復するまでになかなか時間がかかってしまいますし、シミやくすみの原因になり、老化を早めてしまいます。

 

4.電気シェーバーを使うという手もあるが

 

また、電気シェーバーを使う方も多いかと思います。電気シェーバーは、カミソリに比べると、肌にとてもやさしいです。そういった意味では、カミソリの弱点を補填してくれています。加えて、場所を選ばずに手軽に短時間で処理できます。忙しい方にはとても嬉しいですね。

 

ただ、電気シェーバーの最大のデメリットは、深剃りできない点です。そのため、ヒゲが濃い方は青く残ったり、伸びるのが早い方は朝剃ったのに夕方には生えていたりしてしまいます。さらに、いくら丁寧にやっても剃りづらくて残ってしまう部分が出てくることもあります。

 

5.結局、自分でやるヒゲ剃りには限界がある

 

きれいに剃れると思ってカミソリを使えば肌荒れの原因になってしまうし、電気シェーバーを使えば、肌荒れは防ぐことができるけれど、納得のいく処理ができないという状態になってしまいます。どちらを選ぶかは、とても難しい選択ですが、できればどちらもクリアできる方法があったらいいですよね。


メンズTBC ※電気式No.1

メンズTBCの概要

ヒゲ脱毛業界で最大手のエステサロン。電気式の「永久脱毛」なので、一度処理したヒゲは二度と生えてきません。

メンズTBCを選ぶメリット

ヒゲを1本1本処理するため、オーダーメイドであらゆるデザインに対応できるのがメリットです。品質重視で、カッコいいヒゲを希望する人に向いています。

メンズTBCの公式サイトへ進む≫



 

BOWZU(ボウズ) ※光式No.1

BOWZU(ボウズ)の概要

東京、名古屋方面に店舗のあるメンズ脱毛サロン。痛みの少ない光脱毛を採用しているので、はじめての脱毛に最適。

BOWZU(ボウズ)を選ぶメリット

光脱毛なので痛みが少ないのがメリット。また財布に優しいリーズナブルな価格設定も魅力的。もちろん初回は0円なので、興味があれば試してみる価値は十分です。

BOWZU(ボウズ)の公式サイトへ進む≫



 

ゴリラ脱毛 ※レーザー式No.1

ゴリラ脱毛の概要

エステサロンではなく、医療クリニックが行っているヒゲ脱毛サービス。多くの芸人がプライベートで通ってることでも有名です。

ゴリラ脱毛を選ぶメリット

医療レーザーによる脱毛で、永久脱毛相当の効果が得られます。一度に施術できる範囲が広く、短期間で効果を実感できるのも魅力的。医療機関なので、痛み対策として麻酔を使用できるのもうれしいところ。

ゴリラ脱毛の公式サイトへ進む≫


【ヒゲ脱毛のおすすめ理由1】ヒゲ剃りによる肌荒れのリスクを防げるから関連ページ

2.ヒゲ処理の手間を軽減
3.若々しい見た目になる
4.LCCが安い
5.自信がつき人生が変わる